自治体葬

自治体葬

費用の安さが魅力の自治体葬

費用を抑えた葬儀がしたいということであれば、「自治体葬」などもあります。

特長はとにかく低価格な点です。市民葬や区民葬、規格葬とも呼ばれることもありますが、自治体から補助金が出るわけではありません。自治体が行う場合もありますが、多くは提携している葬儀社が施行して、公共施設で執り行われることがほとんどではないでしょうか。

内容は自治体にもよりますし、自治体葬自体を行っていないところすらあるので住んでいる自治体に問い合わせをすると良いと思います。収入による制限などもなく、亡くなった人や喪主が住んでいる自治体で扱っているならば可能だそうです。

一般的な自治体葬の費用としては10~25万円程度でしょうか。この料金体系も自治体によってさまざまですので確認を取られてください。

葬儀費用には、葬儀料金、霊柩運送料、火葬料金、収骨容器などが含まれます。ただし、低料金は魅力のひとつではあると思いますが、会場などへの希望やこだわりが少しでもあるようであれば他を検討する余地があると思います。

公共の施設というと、会場費を抑えるために公民館などを利用して行われることになるのでそれでも不満が後に残らないと思えるのならば良いと思いますが。最近は家族葬や密葬などではずいぶん低料金のプランもあるようですので、同じような料金で葬儀社で行うこともできるかもしれません。

さらに、僧侶に渡すお布施や精進落としの料理、香典返しの品物代金は別料金になりますので要注意です。しかし、葬儀は何を重視するかによってずいぶん変わってきます。招く人数、祭壇、会場、お花、演出など、こだわりが多くなればなるほど料金も比例して大きくなっていきますね。

逆に質素に考えたいという場合にはこだわりを減らしていくことで、故人を偲ぶ気持ちを大切にさえすればシンプルな葬儀であっても心のこもった送りかたが可能なのではないでしょうか。

形にこだわりを持つのも故人への思いですが、こだわりを捨てるのも思う気持ちあってのものかもしれません。一番大切なものはなにかを考えていたいですね。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar