六趣輪廻

六趣輪廻

輪廻転生を繰り返すわけ

仏教には「前生(ぜんしょう)」→「今生(こんじょう)」→「次生(じしょう)」→「後生(ごしょう)」という“生”のシステムが完成しているそうです。

「今生(こんじょう)」というのは、今生きている現在のこの世のことをいいます。母親のお腹の中から誕生する前までのことを「前生(ぜんしょう)」と呼び、釈迦にももちろん「ジャータカ」という“前生譚(ぜんしょうたん)”があるのだそうです。前生があって今生きている今生がある。つまり、自分という人間は誰かの生まれ変わりなのであるという考え方です。

そして現世での生を全うした後に次生(じしょう)があり、そのまた次に後生(ごしょう)があるのだそうです。前生が人間だったのか犬だったのか虫だったのかはわかりませんし、次生がはたまた人間なのかそうでないのかもわからないのです。

すなわち、人は、いえ生命というのは輪廻転生を繰り返し生きているということです。どうしてこの輪廻のサイクルが存在するのか、それは受け入れるしかない宿命なのかもしれませんが、このサイクルは絶えることがないため、迷い続けながら輪廻している地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上、これらの六趣輪廻から解脱しこれができるのは人間だけであると考えると人間だけに与えられた課題のようにも思えます。

仏さまになるよう、十界のなかの“四聖(ししょう)”、阿弥陀仏・観世音菩薩・大勢至菩薩・大海衆菩薩をめざしなさいというのが釈迦の本旨なのだそうです。一遍上人は「六趣輪廻の間には、ともなう人もなかりけり独り生まれて独り死す、生死の道こそ悲けれ」と詠っています。

人間という動物はいかなる聖者といわれる人でも、この六道から外れることは出来ないようになっているというのです。また、白隠禅師は「六趣輪廻の因縁は 己が愚痴の闇路なり」と説いています。これは「衆生が六道の迷界を果てしなく輪廻して止まないのは、己が作り出す愚痴が原因である。

自分が勝手に作り出した愚痴によって苦悩の闇路を歩くこともあるまいではないか」という教えだそうです。地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天上、この6つの世界をうろうろし続けている六趣輪廻というのは自分の中にあるものでもあるという解釈にもとれますね。自分次第で地獄に行くこともあるし、天上へ行けることもある、さらには修行を重ねそこから抜け出して仏を目指すべきであるということなのだと思います。

町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar