主人の葬儀は、とても心のこもったものでした

主人の葬儀は、とても心のこもったものでした

教室は、徐々に評判となり、店を出してアクセを売りましょうという話になったのです。

駅前の商店街は、シャッター店舗ばかりで、出店候補はいくらでもありました。

家賃が格安が物件が見つかり出店しました。

 

そんな矢先に、主人が居眠り運転の車に追突し、大怪我の末に、事故後1週間で他界してしまったのです。

葬儀は、店の仲間と商店街の人が仕切っていただいので無事に終えることができました。

 

この地方の葬儀は、都会の葬儀とは違っていました。

主人とは、ほとんど話したことがない筈ですが、良く知っていました。

通夜から始まった葬儀では、店の仲間と商店街の人達がいらっしゃいました。

私は、翌日のことがあるので、先に休ませていただいのですが、一晩中飲み明かしたようです。

 

翌日の葬儀で、出棺の際には、主人の遺体が入った棺桶を大八車に乗せて、商店街の入り口まで葬列です。

そこから、霊柩車で火葬場に向かいました。

それからも、葬儀は続きました。

私は、泣いていただけです。

本当に、この町に来て良かったです。

この方たちがいれば、これから私一人でも生きていけます。

葬儀業社は事前に契約を

父は救急搬送されると、ほどなくして亡くなりました。

しかし、葬儀業社を決めていなかった為、病院側から遺体の引き取りを急がされ、やむなく病院出入りの葬儀社を頼まざるをえなくなってしまいました。

密葬の形式だけは決めていましたが、細かいやりとりが深夜にまで及び、通夜告別式の日程を決定し、葬儀もとどこおりなく終えました。

又、業者に高額な料金を請求されるような事はなく、戒名代だけには閉口させられました。

高齢の介護生活であった為、葬儀社を決めておきたいとは考え、パンフレットやらネットで業社を見てはいました。

業社によっては事前に予約なり契約すると料金が割引される事が多く、急逝されてもすぐに迎えにきてもらえます。

又、事前に大雑把な形式を決めておくだけでも余裕が生まれますし、業社を比較できることがなによりです。

当人が生前に希望の葬儀で契約などしてくれると良いのですが、親が高齢であるのなら早めに葬儀業社を選び、契約しておく事をお勧めします。




町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar