任意売却の業者を選択するポイント

任意売却の業者を選択するポイント

任意売却の業者を選択するポイントについてご紹介しましょう。
任意売却を行う場合には、どのような任意売却の業者に頼むといいのか、よくわからないという方がほとんどと思います。 いい加減な任意売却の業者に依頼すると、先々取り返しがつかないようなことになる恐れがあります。 そのようなことにならないように、任意売却を依頼する業者というのは慎重に選択する必要があります。 自分のために行動してくれるような業者を選択する場合に、是非見極めるためのポイントを参考にして、きちんと自分の意思で業者を見極めましょう。 任意売却の業者を見極めるためのポイントは、次に示すようなことです。
・宅地建物取引業の資格を取得しており、かつ業界の団体に登録している。
・立派でなくてもいいが、事務所を独立して構えている。
・業務内容や資本金が充実しており、しっかりしたホームページを持っている。
・電話での応対に信頼がもてる。
・面談を行う社員の態度がいい。  


任意売却を行うことができる条件

任意売却を行うことができる条件についてご紹介しましょう。
任意売却を行うことができる条件は、3ヶ月以上住宅ローンの滞納・延滞が必要です。 住宅ローンを返済しているような状態では、任意売却を銀行にて受け付けてくれません。 債権が、銀行から住宅金融支援機構・保証会社あるいは債権回収会社に移る必要があります。
つまり、法的手段によって銀行側が住宅ローンの回収を行うことが必要にならないと任意売却というのはできません。 任意売却を行うことができる条件は、共有名義人・連帯保証人・連帯債務者・保証人から売却に関して了解をもらうことが必要になります。
任意売却では、住宅ローンの返済ができなった場合残った金額の返済について連帯保証人・連帯債務者等にも請求するので、了解を事前に要求されます。 もちろん、売却の意思確認を共有名義人にはしてもらわないと、決済する際に司法書士が所有権の移転登記を行うことができないため売買が成立しなくなります。


【東京都下(市部)】
任意売却 八王子市/ 任意売却 立川市/ 任意売却  武蔵野市/ 任意売却 三鷹市/ 任意売却 青梅市/ 任意売却 府中市/ 任意売却 昭島市/
任意売却 調布市/ 任意売却 町田市/ 任意売却 小金井市
任意売却 小平市/ 任意売却 日野市/ 任意売却 東村山市
任意売却 国分寺市/ 任意売却 国立市/ 任意売却 福生市/ 任意売却 狛江市/ 任意売却 東大和市/ 任意売却 清瀬市/ 任意売却 東久留米市/ 任意売却 武蔵村山市/ 任意売却 多摩市
任意売却 稲城市/ 任意売却 羽村市/ 任意売却 あきる野市/ 任意売却 西東京市

Calendar