音楽葬で使用される楽曲について

音楽葬で使用される楽曲について

近年、音楽葬が行われる機会が増えています。音楽葬は、故人が愛好していた楽曲などを葬儀の間に流す形式です。
音楽葬で使用する楽曲には、さまざまな種類があります。
主に使われるものとして、クラシック系の楽曲が挙げられます。『アベマリア』や『別れの曲』、『G線上のアリア』など、心にしみ入る名曲が多く使用されています。
また、『アメージンググレイス』や『星に願いを』、『マイウェイ』など、往年の外国ポピュラー曲が選ばれる場合もあります。
さらに、音楽葬には日本の童謡や歌謡曲が使用される例も多いものです。たとえば、『見上げてごらん夜の星を』『川の流れのように』『さくらさくら』『小さい秋見つけた』などです。
このように、音楽葬では幅広いジャンルから自由に曲を選択することができます。故人の人物像や雰囲気に合わせて選曲すれば、音楽葬の趣旨を十分に生かせるはずです。

音楽葬での曲選びとは

音楽葬をしたいけれど、知識が無かったりお葬式のプログラムづくりに悩んでおられる場合には、葬式社と相談を持ちかけてみることがおすすめです。
音楽葬で悩まれる方が多いところと言えば、曲選びに関する事柄です。
一般的に、音楽葬はしきたりや特別な決まり事が無いことが特徴なので、どのような曲を選ばれても結構です。
音楽葬で人気のジャンルといえばクラシック音楽ですが、最近はポップスや演歌などの曲を流される方も増えています。
また、生演奏をおこなう奏者を呼ぶことによって、ポップスやロックなどでもクラシック風にアレンジしてもらえたり、ピアノやバイオリンなどでお葬式のムードに適した曲調での演奏が叶えられます。
音楽葬は、故人の人生をあらわしたり、思い出に残るお葬式を叶えるためにも良い手段です。
音楽葬・家族葬・無宗教葬について



町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar