神奈川県・川崎市の葬儀

神奈川県・川崎市の葬儀

弔辞文例―商店主の場合

弔辞は、故人のご霊前に永遠の別れを惜しむ言葉です。

あまり堅苦しい言葉ではなく、第三者が聞いてもわかるよう、日常的な言葉遣いでかまいませんが、商店街の代表として弔辞を読み上げる場合、言葉遣いは「です、ます調」にした方がいいでしょう。

故人とのエピソードなども交え、生前の故人の人柄が偲ばれるような文章作成を心がけましょう。ここでは、会社の同僚としての弔辞のサンプルをご紹介しておきますので、ご参考にしてみて下さい。

●弔辞文例

「○○屋のご主人○○さんのご霊前に、謹んでお別れの言葉を述べさせていただきます。 ○○さん、今でも○○屋の前を通れると、いつものようにニコニコと笑顔で声を掛けてくださるような気がしてなりません。最近、○○さんのお姿が見えないので心配しておりましたが、まさか病魔に倒れ入院されているとは全く知りませんでした。

○○さんは、若い頃から町内の祭りの世話役や消防団員としての活動されていました。子ども会の役員なども率先して引き受けてくださり、地域のために一生懸命働いてこられました。商店街で放火が相次いで発生した時も、○○さんが陣頭に立ち対策を講じてくださいました。

他にも、いつも様々な状況に応じて的確な指示を出していらっしゃいました。世代交代で若い商店主たちに役目を譲ってからは、地域のご意見番として人望厚く、商店街のみんなから慕われていました。

そのような人情味あふれる人柄の○○さんを失って、この商店街も灯りが消えたように寂しくなってしまいましたが、永年家業を共に営んでこられた奥様の悲しみを思うと、胸に迫る思いがございます。

今年の春には、後継ぎの○○君にお子さんが誕生し、○○さんにとってはじめてのお孫さんもでき、さぞ成長を楽しみにされていたのではと思うと、きっと○○さんも心残りだったのではないでしょうか。

およばずながら、これからは○○商店街の商店主一同、できる限りお力になり奥様と○○君を支えていきたいと念じております。 ○○さん、長い間のお仕事に世話役など大変お疲れ様でした。どうぞ天国から商店街の発展を見守ってください。ありがとうございました。」

<ご参考:葬儀斎場(川崎市)>
幸区・川崎区の方は、火葬場併設のかわさき南部斎苑を利用する事が多いです。
麻生区・多摩区・宮前区・高津区・中原区の方は、火葬場併設のかわさき北部斎苑を利用する事が多いです。

【公営斎場プランがご利用になれる斎場】
■ 川崎の葬儀


町田 不動産
町田 ゴルフスクール

Calendar